ふらり赤い椅子プロジェクト

年齢を重ねても自分らしく暮らしたいという想いから、街なかに一休みできる椅子を置いています。住む人が住む街を住みやすくしていこうという「ふらり阿佐谷」の活動の一つです。赤い椅子を見つけたら座ってみてください。

ふらりとでかけたくなる街

活動内容

椅子集め

使わずに家で眠っている木の椅子を寄付していただくためにチラシなどを作りメンバーが色々なところにお願いをしています。

椅子加工

椅子を研磨してから赤いペンキを塗ります。数日乾燥させてニスを塗り最後にラベルを貼ります。

椅子設置

赤い椅子を「ここに置いて」という声や「設置してもよい」という声を拾いあげながら設置しています。

私たち

わたしたちは、地域包括支援センター(ケア24阿佐谷)のあんしん協力員、民生児童委員、老人会および町会関係者、ケアマネージャーなど地域で活動する有志です。

使わなくなって家で眠っている木の椅子を寄付していただけませんか。

【リーフレット表面】

【リーフレット裏面】

お問い合わせ

Japan

プライバシーポリシー を読み、同意しました